健康経営

「健康経営優良法人2021(大規模法人部門)」に認定されました。

「健康優良企業(銀の認定)」を取得しました

健康経営宣言

千葉県ヤクルトは心身ともに健康な従事者がイキイキ働ける会社づくりを目指します

  ●検診を100%受診します
  ●検診結果の活用をします
  ●健康づくり環境を整えます
  ●「食」に取組みます
  ●「運動」に取組みます
  ●「禁煙」に取組みます
  ●「心の健康」に取組みます

千葉県ヤクルトの経営理念「人々の健康と美につながる価値を提供し、ありがとうの笑顔あふれる地域社会づくりに貢献します」を実現するためには、当社が提供する乳製品、飲料、食品、化粧品を継続的にご利用いただき、健康になっていただき、きれいになっていただき、お客さまに喜んでいただくことが、全従事者のミッションです。

お客さまによろこびを提供する従事者は、心身ともに健康であることが前提です。

そのためには、事業活動の更なる発展とともに社内での健康教育研修や社内施策を充実させ、千葉県ヤクルトで働くことの「誇り」と「やりがい」の向上、そして「従事者の幸せ」を目指してまいります。

健康経営の体制

当社では、健康経営推進担当者を設置しています。
「衛生委員会」の他に「衛生管理者連絡会」「みんなの健康応援隊」などの組織を発足し、連携していくことで従事者に浸透するよう努めています。

お客さまの笑顔と従事者の幸せを

取締役執行役員(管理部担当役員) 山田 雅昭

当社では2019年度の秋より健康経営に取り組んできました。
初年度は、まず次年度認定に向けての助走という意味でチャレンジしたのですが、当初は認定必要要件と当社の現状の間には大きな隔たりがありました。
特に記憶に残っているのは、「健康診断100%受診」という項目です。現在これは当社では当たり前のことですが、当時は「あ、これは難しいな!」と思いました。

短期間とはいえ認定を目指し、申請期限までやれることはすべて行いましたが、事前の準備不足はどうにもならず、残念な結果となりました。予測していたとはいえ、認定されなかったことはとても悔しかったですね。「もっとできたのではないか。」と自問自答していたことを思い出します。

そして、この悔しい結果が「次年度こそ健康経営優良法人を取得する!」という私の大きな目標のひとつとなりました。その達成のために管理部門中心の取り組みから会社全体での取り組みへと移行させるため、会社にとって「健康経営優良法人」を取得することがいかに有益かを社内に浸透させることを徹底しました。

その後、健康診断・ストレスチェック・特定健診・特定保健指導の受診率を100%にし、タイムカードで管理していた勤怠管理にシステムを導入し、就業時間内禁煙に踏み切りました。最初はこの変化に戸惑っていた従事者もおりましたが、自分たちの健康に直結することとして受け入れてくれました。
その成果もあって、2020年度からはおかげさまで「健康経営優良法人」を取得することができたと思っています。

昨年度から今年度にかけてはコロナ禍の中、感染症防止等の対応に追われている毎日です。従事者は、お客さまと自身の健康を守るため、基本的な感染防止を徹底しながら日常業務を日々行っております。
その中で、毎年春に社員を対象に実施している「健康経営アンケート」では、従事者同士の会話で「健康法」や「健康診断」などについての話題があがるようになってきたとの声があり、とても嬉しく感じました。数字では表せない部分でも、従事者の健康に対する意識は変わってきていることが分かりました。
また、その他にも新入社員数が2020年度は2名であったところ、2021年度は11人を迎えいれることができており、健康経営に対する社会の期待を感じているところです。

当社の健康経営は、あくまで社員が幸せにイキイキと働けることが目標です。今後も様々な施策を通じて、社員が「誇り」や「やりがい」を感じてもらうためのバックアップをしていきたいと考えています。

★山田取締役の健康のヒケツ★
週末はよく歩きます。愛犬とたくさん遊ぶこと(遊ばれているかも?)も心の健康につながっています。

全体的な考え方
やってきたこと、効果
トップへ戻る